投資マンションで収益確保【誰でも出来る安心の未来づくり】

集合住宅

コストダウン戦略の一つ

電卓

企業におけるリロケーションは、固定費や変動費を下げることのできるコストメリットが高く、東京や大阪などの大都市から札幌や福岡などの地方都市にリロケーションするケースが増加しています。しかしすでに飽和状態でもあり、人材確保が難しくなりつつあります。

この記事を読む

不動産資産が残るメリット

集合住宅

株式や投資信託のようなリスクも少なく、不動産資産を残せるメリットがついてくるマンション投資はサラリーマンが副業としても行うことができる新しい投資です。低金利時代でローンを組みやすいことも人気になっている理由です。

この記事を読む

安定した家賃収入を得よう

集合住宅

初めて不動産投資を行う方には、一括借り上げを利用することをおすすめします。一括借り上げは、空室でも家賃収入を得られる安定性、原状回復や修繕が不要、オーナーが管理をする必要がない、確定申告を簡単に行えるという4つの魅力があります。

この記事を読む

売買よりも管理を好みます

マンション

経営方針が変わっています

東京の投資マンションが人気です。この要因の1つに、多くの不動産会社がサラリーマン等に対して、積極的に東京の投資マンションを売っているということが挙げられます。10年以上前と比べると不動産会社の収益の上げ方が変わってきました。以前は不動産を売買することで売買の仲介手数料を得ることを目的としていました。そのため、いかに多くの売買契約を取るかということに主眼が置かれ、資産家や企業を狙って、営業攻勢をかけていました。売買の仲介手数料は契約金額の3%プラス6万円と決まっているので、大きな契約を取れば取るほど、仲介をした不動産会社の手数料も増えました。しかし、今では不動産会社の経営方針に変化が見られてきているのです。

賃貸管理が魅力です

現在の不動産会社の中には売買よりも賃貸管理を重要視するところも多く見られます。賃貸管理は1契約ごとの手数料収入は少ないものの、賃貸管理契約を解約されない限り、毎月発生する収益となります。賃貸管理契約が多くなれば、継続的な収益を確保することができ、経営を安定させることができます。そして、自社で賃貸管理契約を取りたいがために、魅力的な投資マンションを探しては個人投資家に販売をしているのです。東京の投資マンションを紹介されることが多い理由は、東京の投資マンションであれば、空室になってもすぐに客付けをすることができるという自信があるからです。空室を素早く埋めることができれば、賃貸契約を解約される可能性は小さくなります。つまり、東京の投資マンションを売ってそのまま賃貸管理契約も獲得することで、賃貸管理による収益も安定するのです。