投資マンションで収益確保【誰でも出来る安心の未来づくり】

家

不動産資産が残るメリット

集合住宅

副業として行える

マンション投資はここ近年人気のある投資方法です。株式や投資信託のような金融商品とは異なり、マンション投資はマンションを購入しますので、最終的にマンションという不動産資産を残すことができます。また、賃料を毎月得る方法になるため、リスクが借り手がつかない空室のリスク程度に限られるのも特徴です。株式や投資信託は、どうしても経済の動きに連動します。したがって会社の業績だけでは、上昇するとは限りません。一方不動産は、生活の基盤となる住宅を投資対象にしていますので、上昇や下落の心配がないことが特徴です。マンション投資が人気になっている理由は低金利時代であることが一つの大きな理由となっています。購入しやすいため人気なのです。

需要のある物件は残り僅か

マンション投資を行う不動産は単身世帯のマンションが中心です。多くの大都市で単身者が増加し、需要が増えていることにより賃貸需要の高い物件が増加しています。そしてマンションなど高額な商品を購入するのに一番リスクになる金利が安いことが誰でも買いやすい条件となっています。金利が安いため利益幅を多くとることができるとともに、長期ローンなどを組みやすいことでサラリーマンなど副業としても人気なのです。そして外国人の参入です。低金利と需要の増加により日本人以外の投資家が積極的に日本の不動s何を投資対象として購入し始めています。そのため需要のある人気物件は残り数が少なくなりつつあります。マンション投資を始めるのであれば早めのほうがお得なのです。