投資マンションで収益確保【誰でも出来る安心の未来づくり】

家

コストダウン戦略の一つ

電卓

コストメリットが高い

企業でのリロケーションは家賃など固定費の節約にとっては大きなメリットがあります。最近では自社ビルを持つ会社も減少しています。不動産を企業が持つことは、それだけ税金面もかかります。ビルの管理だけでも年間多額の費用が掛かります。工場や店舗などを持つ会社は自社ビルや自社工場の設置が必要不可欠になりますが、オフィスだけの会社であれば、入居するビルを変更するだけでコストを大幅に下げることができます。リロケーションの効果は、固定費だけではありません。人件費などの変動費も安く収めることも可能になります。特に地方都市にリロケーションすることで、人件費は東京や大阪に比較して割安にさせることができるため、同じ売り上げでも利幅を拡大させることができます。

札幌や福岡が有望

日本では東京や大阪の人件費は高騰化しています。しかし札幌や福岡などは人件費がそんなに高くありません。それに加えて地方の大都市であるため、人口も多く働く人の確保も容易なのです。そのためコールセンター業界など場所を問わない場合には、東京や大阪などから札幌や福岡などにリロケーションすることも多くなっています。仙台や広島などの地方都市はさらにコストを下げる効果はありますが、人口面で劣ります。そのため必要な人材を確保できなくなる心配面もあります。そのため地方都市でリロケーションする都市はおおよそ限られているのも事実です。札幌や福岡では多くの企業がすでにリロケーションしているため、飽和状態でもあります。派遣会社も含めて人材確保は年々難しくなっています。